[厚沢部ちょっと暮らしの画像]
[厚沢部ちょっと暮らしの画像]
 特産品紹介
[厚沢部ちょっと暮らしの画像]
[厚沢部ちょっと暮らしの画像] [厚沢部ちょっと暮らしの画像] メークイン
メークインは甘みが強く、でん粉質は他品種よりやや少なめで、浅く皮をむけばクリーム色の肌をして、ゆでたものは変色しません。しかも煮くずれしないため、料理用に適しています。ビタミンCも100g中25〜30mgも含まれ、煮てもビタミンCはこわれないので、美容食として好適です。

メークイン昭和9年に北海道庁桧山農事試験場で初めて試作されたことから、「発祥の地」と言われています。 以来、厚沢部メークインは改良増殖が加えられ、戦前から北九州方面への優秀無病種子の供給地として、その名を知られてきました。今日、主に九州・京阪神方面へ種子・食用として移出されており、厚沢部メークインの銘柄声価は種子用、食用共々全国津々浦々で絶賛されています。(以上「JA新はこだて」厚沢部基幹支店ウェブサイトより引用)
[厚沢部ちょっと暮らしの画像] [厚沢部ちょっと暮らしの画像] 黒豆
厚沢部町の特産農産物である“晩生大粒光黒大豆”は、丹波黒に次ぐ大粒系黒豆で道南の温暖な気候条件が適地とされていることから、“函黒”(函館黒豆)としてユーザーに重宝されています。

厚沢部町における豆類の栽培は、例年、耕地面積の概ね4分の1に当たる1,000ha程が作付けされており、大納言小豆の9月中旬からの収穫を皮切りに早生系黒豆“いわい黒”・晩生系黒豆“光黒大豆”と順次収穫作業が行われ11月中旬頃収穫作業を終了します。厚沢部町では特産品“光黒大豆”を利用した加工品の販売を平成4年から実施しています。(以上「JA新はこだて」厚沢部基幹支店ウェブサイトより引用)
[厚沢部ちょっと暮らしの画像] [厚沢部ちょっと暮らしの画像] トウモロコシ
幻の白いトウモロコシとも言われる「ピュアホワイト」の採りたてのものは、ナマでも食べられるくらいに甘くて瑞々しい美味しさです。甘味の強いスィートコーンを品種改良して栽培されている「ピュアホワイト」は、野菜と言うよりもフルーツのような味わいです。

厚沢部の広大なトウモロコシ畑では、この「ピュアホワイト」の他、黄色い粒がびっしり詰まって粒皮がやわらかく、さわやかな甘みの「ゴールドラッシュ」、白と黄色の粒が混ざった甘みの強い「ゆめのコーン」など、新鮮なトウモロコシがたくさん採れます。
[厚沢部ちょっと暮らしの画像] [厚沢部ちょっと暮らしの画像] 喜多里
メークインを原料とした「じゃがいも焼酎喜多里」。昆布の里として親しまれている北海道南茅部産の昆布を原料とした「こんぶ焼酎喜多里」。

北海道での育成は不可能と言われた、さつま芋黄金千貫をメークイン発祥の地とされる北海道厚沢部町で栽培に成功。厚沢部町の契約農家で限定生産される黄金千貫のみを原料とした「芋焼酎喜多里」。また、豊潤な味覚が食卓を彩る季節に向けて、地元契約栽培の二条大麦を100%使用した「麦焼酎喜多里」。

より一層、広がる味わいのバリエーションをお楽しみ下さい。
[厚沢部ちょっと暮らしの画像] [厚沢部ちょっと暮らしの画像] 舞茸
「舞茸」は深山のミズナラなどの大木や枯株に極めてまれに発生するために、大変めずらしく珍重されているキノコです。大きいもので一株20〜30センチにもなり、見付けた人は踊り上がって喜ぶことから「舞茸」と名が付いたといわれています。 (以上「有限会社渋田産業」ウェブサイトより引用)

厚沢部の山の中でも自然の「舞茸」を見ることができますが、自然で生育するということは厚沢部の自然環境が「舞茸」の栽培に適しているということにもなります。
[厚沢部ちょっと暮らしの画像] [厚沢部ちょっと暮らしの画像] [厚沢部ちょっと暮らしの画像]
[厚沢部ちょっと暮らしの画像]
カボチャ・スイカ・メロン
厚沢部の畑は水はけが良く、昼夜の寒暖差が大きいために糖度の高い野菜の栽培に適しています。
多くの農家がメークインやトウモロコシの他に、カボチャ、スイカ、メロンなどを栽培し、産直で販売しています。
[厚沢部ちょっと暮らしの画像]
[厚沢部ちょっと暮らしの画像]
[厚沢部ちょっと暮らしの画像]
[厚沢部ちょっと暮らしの画像]